コンプレックス解消!体毛のコンプレックス!

コンプレックスを解消して、豊かな生活を営むために、体験談やコンプレックスを共有しましょう!
MENU

わたしは現在26歳の看護師です。わたしはもともと全身のムダ毛がとても濃く、毎晩カミソリで自己処理をしても翌日の夕方にはまたちくちくとした毛が生えてきてしまうほどです。
それをコンプレックスに感じて、夏場でも半そでやノースリーブの服は着られなかったり、スカートを履くときにはタイツなどを履くようにしてなるべく肌を露出しないようにしてきました。

 

わたしが体毛のことを気にするようになったのは、小学3年生のときのことです。
そのときはまだ自分の体毛の濃さはあまり気にしておらず、半そでシャツとスカート過ごしていました。
しかしある日突然、クラスの男の子から「なんで腕毛そんなに濃いんだよ、男みたい。」とからかわれました。
それがとてもショックで恥ずかしく、そのときからなるべく人に肌を見せないように、なるべく人と肌が触れ合わないようにと気にするようになりました。
夏のプールの授業はほとんど見学するようにしたり、修学旅行でみんなでお風呂に入るときは生理だと嘘をついてひとり別の時間に入るようにしていました。

 

そして中学生になった頃、まわりの友人は初めての彼ができたり、男女のグループで遊びに行くことが多くなりました。
わたしにも気になる男の子がいたのですが、こんなに毛深い女の子に好かれても迷惑だろうと積極的になれず、思いを打ち明けることも仲を深めることもできずにその恋は終わってしまいました。

 

大学生になってからも恋愛に対する消極性は変わらず、好きな人がいても自分のコンプレックスが邪魔をしてしまいうまくいくことがありませんでした。
何度かそんなわたしに好意を寄せて告白してくれる男の子もいたのですが、体毛が濃いことを知られるのが恥ずかしく断ってしまいました。

 

しかし、わたしは今脱毛サロンに通い始めました。
どれだけ効果があるかわかりませんが、自分に自信を持ちたいと思ったからです。もし体毛の悩みが少しでも解消されれば、今まで楽しむことができなかったファッションや男の子と遊ぶことに少しでも積極的になれたらと思います。

ムダ毛の悩みを解消する参考サイト
全身脱毛をおすすめする5つの理由
ムダ毛の悩みを解消するためには、脱毛がおすすめの解決手段であることは間違いないですよね。その中でも全身脱毛をおすすめする訳をわかりやすく紹介しています。
更新履歴
このページの先頭へ